吹屋ふるさと村 広兼邸(八つ墓村ロケ地)

今日ご紹介はドラマ、映画などで歴代の金田一耕介役の方が訪れたと言う・・・ ここ!
【吹屋ふるさと村 広兼邸】です。

20101019142234_54749061(2).jpg

どーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!
駐車場の坂下から結構離れて撮ってるのに入りきらぬ大きさ・・・ f(^^;
どんだけ広くて大きいんでしょう!!!!!!!!!!!!!!!!

資料によると昔は庄屋さんだったとかw 
ベンガラの原料製造で富をなし、こーんなお城みたいな家を建てたそうです。
映画【八つ墓村】はここで撮影されました(昭和52年・平成8年)
うん。 確かに見覚えがあるわ(@0@)
SMAPの吾郎ちゃんも豊川悦司さんも来たのかなぁ~
撮影見たかった!

20101019142234_54749061(3).jpg

急な坂道を息も絶え絶えのぼり入り口に向かう・・・
なんと不寝番部屋、門番部屋がありました。 物々しいわねw
さぞ昔は金銀財宝がお宅にあったんでしょうね(笑)
さて、この門までは無料ですが中に入る時は1人300円必要です。

20101019142234_54749061(4).jpg

ちなみに下に見えている駐車場からぐるーーーっと回って坂道を登ってここに来ます。
ほんと、運動不足の私には心臓破りの坂でした。
こんな豪邸やだ! てか、狭くていいからバリアフリーの家がいいわ(><)

20101019142234_54749061(5).jpg

こちら側にあるのは台所、お風呂。 2Fは女中部屋。

20101019142234_54749061(6).jpg

これは・・・ 店の間だったかな??? f(^^;
なぜかどのお部屋にもお雛様が飾ってあり、、、 ちと怖かった(笑)

20101019142234_54749061(7).jpg

植木類は手入れが行き届いていて見ごたえありました!
写真左が客間で奥に見えているのが茶室や離れ座敷。更に奥は土蔵になります。
客間横の庭に水琴窟がありました。 TVとかで見て知ってるけど実物は初!
お水を流し水琴を鳴らしてみました。 う~んw 風流。

20101019142234_54749061(8).jpg

土蔵の中には古い展示物がありました。
土蔵の壁は土・・・。 削った落書きが多くてビックリしました。。。
国内はおろか外国の貴重な歴史的財産にも平気で落書きする国民性とは言えひどいです。
そこに名を残したからってなんになるんでしょう???
せっかくこの屋敷が栄華を誇ってた時代に思いをはせていたのに興ざめです。
落書きはやめましょうね o(><)o

20101019142234_54749061(9).jpg

順々に回ってこれは五右衛門風呂。 なにげにタイル張りで今でも使えそう~
反対側は火をくべる所がちゃんとあるし煙突を掃除したらマジは入れるなw

1810年に建築されてるって書いてありましたがこの時代これだけの暮らしって凄い。
写真に撮っていませんがこの他に居間、寝室2、隠居部屋、味噌蔵、番頭部屋・・・
下男部屋、下女部屋、馬・牛小屋など土蔵もまだまだあった。 すごいなー

ふるさと村の町並み散策もいいんですが広兼邸は近いから絶対に寄って欲しいですね~
広兼邸の高台から下界(笑)を見渡せばなんかちょっと偉くなった気がしますよ(爆)

広兼邸
【住所】岡山県高梁市成羽町中野2710


大きな地図で見る

↓ポチッとクリックお願いします。 記事更新の励みになります m(_ _)m
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する