直島 「家プロジェクト」

20110718130243_54371945(2).jpg

いよいよ直島のアートについて具体的な部分へと入ります。
フェリーを降りた宮の浦というところから車で約3~5分(距離にして約2km程)
家プロジェクトというのがあります。 (無料駐車場有り)

直島は戦時中、特に大きな空襲にも遭わず、古い建物が多く残っているんだとか。
これらの古い建物(基本空き家)を改装して、アートにしたものがこの集落に点在。
ただし、作品はほぼ完全撮影禁止 (当たり前でしょうけど・・・)
よって、イメージのため撮影OKな外観だけを一部ご紹介。
ここは元歯科医院だった建物らしく、作品名はその名も「はいしゃさん」 (笑)

20110718130243_54371945.jpg

すご・・・
こちらは新しくアートの街として、わざとこのようなデザインにしたのでしょうねぇ。
役場の建物も奇抜です。

20110718130243_54371945(1).jpg

やや横から。
あ! 郵便局じゃありませんよ!!!!!!!!!!!!!!! 郵便局は手前です。

20110718112712_54371945(6).jpg

ここは神社。 
え!? 
か、神様っっっ 神社までアートにされて大丈夫なの!?

20110718112712_54371945(7).jpg

よーくご覧ください。 
石段ではなくこれ、光学レンズなんだそうです。
しかもここ、古墳みたいに地下に部屋があって(あったのか、作ったのかは謎)
この階段がそこまで1本のまま伸びています。
それが表現する意味とは!? 気になる~~~
な、なんと 「見る人の感じ方次第、自由」 だそうです。 
デターーーーーーーー! そうきたかw
私にとっては上級のアートみたいで f(^^; 感じ方が難しいですね。

古い建物や昔ながらの街並みが好きな旦那ちゃん。
そしてツウではないにしても、美術品とかも興味はある旦那ちゃん。
ただ、中にはアートにせず古い建物の姿のまま! 生活観のある町並みをそのまま!
残しておいて欲しかったと感じてしまう物があったようです(笑)

※もちろん、目の錯覚を利用したあっと驚く作品等、素直に楽しめる物もあったそうで、、、
全否定はしてませんよーーーーー
つまり、アートと1言に言っても、やはり一部では理解に苦しむ物もあると言うことです。
芸術の難しいところだわね f(^^; ま、そういうもんだわな。 

この作品に対して私が思うのは・・・
虫眼鏡みたいになって火を起こさないでよってことかな。 いや、マジで。

20110718112712_54371945(9).jpg

あ! そうそうここって実は猫の島でもあるんだとか。
今年の初めに連れて行ってもらった尾道とどっちが多いのかな~
さっすが旦那ちゃん! 
私の猫好きをちゃ~んと分かってて、こんな可愛い猫しゃんを激写。

20110718112712_54371945(8).jpg

これ駐車場と道のちょうど間のところで爆睡中。
危ないぞっっ

こんなに近くに寄っても起きることなく夢の世界。 警戒心はどこへ???
(石にちょこんと載った肉球が・・・ 萌え~)
ちなみに、後ろから来た団体の観光客達も猫の可愛さに足を止めてたんだって。
猫の周りはいつの間にか人だかりが出来てたとか (笑)
さすが猫! (犬も好き)
それでも起きない姿がツボにはまり、見てて苦しかったと言う旦那ちゃん。
私もいつか行くから会おうね~???

では、次回へ続きまーす。

↓ぽちっとクリックお願いします。 記事更新の励みになります m(_ _)m
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する